2007年02月27日

さがみの桑茶を試飲しました。

新相模原市誕生のキャンペーンが3月23日(金)〜25日(日)まで新宿駅で開催されます。このイベントに「相模原カフェ」と題したコーナーに「ロザージュ」が出店することになりました。
この祝うべきイベントに相模原産の素材を使用したスイーツや飲物を提供しようというコンセプトで生産者への訪問の旅が以前にご紹介したイベントと連動しています。今日も、明日もプチ旅行に行ってきます。ちなみに明日は藤野町の名産品である「柚子」を探しに行きます。昨日は、「さがみの桑茶」を製造・販売されている株式会社アムコの天野社長を訪ねました。丁寧な説明とお茶の試飲やポリフェノールをたっぷり含んだ「ボイセンベリー」の紹介もしていただきました。
070226_171021.jpg
さがみの桑茶・・・どんな味わいかと申しますと、予想以上に飲みやすく、温度が下がっても美味しく飲むことが出来るお茶です。私の想像では、青臭さが強いというイメージでしたが、実際はマイルドな味わいで、後味も爽快です。このようなお茶は、他のエッセンス(ハーブや果皮など)に合わせても良いと感じました。本日、いただいたサンプルを私の紅茶をブレンドしているパートナーに渡し、早速、緑茶ベースと紅茶ベースのサンプルを依頼しました。皆様、先述いたしました。「新相模原市のキャンペーン」にこの「さがみの桑茶&○○フレーバー○○」が登場し、相模原産の卵や牛乳・・・をふんだんに使用したスイーツが楽しめるコーナーに3日間、お茶淹れに行っておりますので、是非、新宿駅西口の地階・イベント広場にお越しください。
070227_120725.jpg070227_074113.jpg
こちらは、桑茶の取材をしているときの様子を朝日新聞さんと神奈川新聞さんが今朝の紙面で掲出してくれた記事です。
このイベントに対するさまざまな人々の思いを強く感じました。
明日の「柚子」や三月に入ってからの牧場の取材など・・・私たちができる最良のイベントメニューの製作とサービスを展開したいと思います。











posted by ティーインストラクター at 20:57| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。