2007年02月21日

相模大野ステーションスクエアに仮屋崎さんが登場

新宿に研修に出かける時に、ステーションスクエアの3階の吹き抜けの部分に人だかりを発見。近寄ってみると、あの有名な華道家・仮屋崎さんが桜の花を華々しくいけているではありませんか。・・・
今年は桜の花の開花も早そうですが、一足早い桜のアートで、多くのギャラリーが魅了されていました。
IMG_0431.jpgIMG_0427.jpg
終始、真剣な眼差しで仕上げていく様子を、観衆が何重もの輪になって見つめていました。桜のアートに樹の幹の年輪が幾重にも重なるような不思議な光景でした。
「・・・・春遠からじ」と言った感じでした。こんな季節には桜の花びらや葉をブレンドした桜フレーバーの紅茶など如何でしょうか?先日ご紹介した緑茶フレーバーにも桜がありますが、やはり合成の香りではなく、葉をブレンドすることによって、天然の味わいと香りを実現しています。









posted by ティーインストラクター at 21:08| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。