2007年02月20日

イレブンジスに飲む紅茶

イギリスは紅茶の国ですが、起床から就寝までの間に、色々な時間帯で飲茶があり、それぞれに名称があるようです。例えばベッドティーやアーリーモーニングティー、ブレックファスト・・・
私も仕事の合間にイレブンジス(11時頃のランチ前のお茶)をしてみようと思います。今日は自宅におりますので、以前にシェフからいただいた「苺ジャム」と3年前に漬け込んだ梅酒のエキス分を抽出した「梅」を入れて飲んでみようと思います。
ティー.jpg
まず、ティーポットを使用して、セイロン・ディンブラを淹れてみます。明るい真紅色とマイルドな味わい。とりあえずストレートで飲んでみます。・・・心地よい渋みが特徴です。ウバ茶ほど強烈な渋みと芳香がありませんので、ちょっとしたバリエーションティーに向く紅茶だと思います。
さっそく、今日のバリエーションを試してみました。
070220_110215.jpg070220_110129.jpg
最初に、「梅酒の梅入り紅茶」・・・これは、一粒だとそんなに変化がありませんが、果肉をカットしたり穴をあけると、それとなしに香りとアルコール分を感じてきます。・・・なるほど、この梅酒の梅入り紅茶はなかなか美味です。ティースプーンで5ml〜10ml程度の梅酒を入れても良いかもしれません。
次は、特製ジャム入りのディンブラです。
070220_110324.jpg
甘みが先行しますが、後からくる苺の香りとか若干の酸味が楽しめる感じです。砂糖代わりに微妙に量を調整するといい感じです。

*今日のイレブンジス。梅酒の梅入り紅茶は面白い味わいでした。紅茶もアルカリ性食品ですが、同じく梅も同じ効能があります。さらに梅に含まれるクエン酸は疲労回復にも効果があるので、このメニューは疲労回復・熟睡紅茶になること間違いなし!!
あとは梅酒のベースの話ですが、大体のご家庭では焼酎や梅酒漬け用のスピリッツを使用すると思います。これは無色・無臭のアルコールですが、本日、私がバリエーションに使用した梅酒は、アメリカンウイスキー(バーボン)を50%と焼酎(麦)で漬け込んだものです。やはりバーボン独特の樽香が活きていて、数年ものとは思えないコクと香りが楽しめる味わいでした。梅酒もベースの蒸留酒によって色々と楽しめると言うことですね。







posted by ティーインストラクター at 11:51| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。