2007年02月09日

撮影の合い間のティータイム

070209_145212.jpg
ホワイトデー用の料理写真の撮影があり、少し時間が空きましたので卓上装花を眺めていると、レストランの担当者が紅茶とチョコレートを運んできてくれました。
070209_145038.jpg070209_145022.jpg
紅茶はセイロンのブレンド茶、多分、ミディアム・グロウンのディンブラのような感じです。水色は少し濃い感じがしましたが、適度な渋みで、意外とマイルド。飲んだ後の香りや味わいの戻りも良好でした。写真のチョコレートは、食後のお茶に供されるアイテムで、アーモンドをチョコレートで包み込み、その上に色付けした砂糖の衣でさらにコーティングしたものです。
甘いものは苦手ですが、ストレートの紅茶にはこのお菓子は、相性が良かったです。この場合の紅茶の抽出時間は余分にとっても良い感じでした。

セイロン茶のお話・・・
セイロン茶の特色は、茶葉の色調にあります。鮮やかな赤みが冴えている茶葉が良質で、さらに均等な茶葉のカットも目安になると思います。色が黒に近くなればなるほど中級から下級茶葉へと下がっていきます。
この色調の差は標高差にあり、標高の高いエリアになればなるほど、収穫された茶葉から製造される紅茶は赤みが強くなります。
さらに、カップに注がれた水色は鮮やかな真紅色で、高貴な香りで満たされます。適度な渋みは豊かな余韻を残し、パンチとコクの両者を併せもった紅茶と言えると思います。
P1010003.JPG
こちらがホワイトデーの特別メニューです。
一口オードブルはスペイン産イベリコ豚のサラミと完熟苺のピンチョス、オードブルは真鯛・車海老・昆布のコンビネーション。
スープ代わりにフォワグラのプディング、魚料理は槍烏賊と帆立貝の香草スチーム。お口直しが八重桜のソルべ。
メインディッシュは十勝産の牛ロース肉の薪火焼き、スペシャルデザートが付いたフルコースメニュー・・・
いつも申し上げますが、この薪火焼きを含んだメニューがリーズナブルな価格でご賞味いただけます。・・・詳しくは・・・http://www.odakyu-hotel.co.jp/century-ono/restaurant/rest01.html









posted by ティーインストラクター at 16:15| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。