2007年01月02日

紅茶の蒸らし時間について

茶葉の大きさや、召し上がり方によって異なります。
茶葉D.JPG茶葉C.JPG
紅茶の蒸らし時間は、茶葉のグレード(サイズ)や召し上がり方(ミルク、レモン)によって調整したほうが良いと思います。
写真の茶葉(大きいもの=オレンジ・ペコー/OP 小さいもの=ブロークン・オレンジ・ペコー/BOP)を基本に説明します。
OPの場合は3〜4分を目安に蒸らします。BOPの場合は2〜3分です。両方共に1分の差がありますが、例えばミルクティーにする際はなるべく多めに蒸らし時間を調整します。逆にレモンティーの場合はOPで3分、BOPで2分を目安にすると良いということです。

*以前にも説明しましたが、ミルクにはカゼインという成分が含まれていて、このカゼインは食物の臭いや、香りなどを封じ込める作用があります。ですから紅茶の場合も、濃く淹れた紅茶の渋みや苦味を調和させてちょうど良いテイストに仕上げます。逆に、通常の濃さや、薄めの紅茶の場合はこのカゼインの効果で、パンチのないミルクティーになってしまいます。よく紅茶の表現で「パンチ」と書かれている場合がありますが、ここでいうパンチはコクや旨味が効いたものを意味します。
レモンティーの場合はどうでしょう?レモンにはクエン酸という成分があり、このクエン酸は紅茶のphを変えて茶色を薄くしたり、香味に影響を与えてしまいます。もともと紅茶とレモンの相性はさほどよくありません。特にダージリン(中国種)は大きくバランスを崩してしまいます。レモンにはインドのニルギリやセイロンのディンブラなどがお薦めです。







posted by ティーインストラクター at 12:18| おいしい紅茶の淹れ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。