2006年12月12日

シャリマティー・・・華と一緒に。

シャリマ・・・確かインドの花園を意味する言葉
11.jpg
今日の紅茶は、ニルギリ(インド)にオレンジスライスを入れた紅茶です。
以前にお話をしましたが、紅茶はレモンのクエン酸に弱いのです。紅茶の色が薄くなるのと、旨味が損なわれるという点がマイナスの要素なのです。
 どちらかというと、オレンジのほうが相性がよく、インドのシャリマティー(インドの綺麗な花園を意味する言葉)はオレンジを入れて飲むお茶として知られています。ニルギリやドアーズで如何でしょうか?花にちなんで華やかに食用花を浮かべて見ました。こんなあしらいも、ティーパーティーにはお薦めです。

posted by ティーインストラクター at 16:45| バリエーションティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。