2009年05月08日

青汁&焼酎にトライ

緑効青汁.JPG
帰宅した私を待っていたのは青汁でした。
妻がオーダーした商品が届いていたのです。とりあえず、商品説明書のような冊子を手に取り読み始めると、そこにロックアイスと青汁&焼酎の写真が目に入りました。試しに飲んでみるか・・・ということで、いつもの焼酎ロックの前に、まず、焼酎で青汁の粉末を溶いて緑色の焼酎青汁を作り、そこに大量の氷を入れました。細かな説明は読まずに、感覚的にこの商品をジャッジしてみました。私的には青草の中に麦を感じ、後からくる甘みと茶の成分を感じました。・・・後ほど商品の詳細を読んで、自分もなかなかいけてるなあ。。。と思いました。(素材がそれなりに合っていたから)・・・多分、誰でも判ることだったのではないかと思いますが、非常にわかりやすい説明文でした。かなり体に良さそうな感じでした。その一文にこんな言葉が・・・「どんなにカラダにいいものでも、飲みにくければ・・・大切なことは【おいしさ】です。」
私も、紅茶の開発で美や健康をテーマにした商品を作る時に、同じことを考えます。いかに体に良い成分が入っていても、それを継続しなければ意味がなく、継続するためには、それを自らが好んで飲用できるようなものでなくてはならないということです。そのことから考えて、この青汁は、抹茶(緑茶)を入れることによる茶の風味や甘みによって、バランスをとっているのだと思いました。ロックで2杯は楽しめます。
posted by ティーインストラクター at 00:01| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。