2008年07月16日

ロザージュのデザートに紅茶を合わせると・・・

紅茶とデザートの相性・・・嗜好品というものはそれぞれの好みがあって難しいですが、インストラクターとして、またホテルの仕事をしてきた経験と冴えない感性を駆使して、ご説明したいと思います。

 紅茶には中国種(緑茶向き)の茶樹からできたものとアッサム種(紅茶向き)の茶樹からできたものに大きく区分されます。もちろん、これらの茶樹を掛け合わせた茶樹もありますが、大きき分けてこの2種類があるとお考えください。
 そして、中国種はタンニン、カフェインの含有量が少なく、カップ水色も比較的明るい橙色や緑茶を思わせるような色調のものもあります。逆にアッサム種はタンニン、カフェインの含有量が多く、カップ水色も濃く、紅茶の真紅色と言われるのはこちらのタイプの茶葉なのです。
 そもそも、紅茶はレモンのクエン酸との相性がよくありません。特に前者(中国種)の茶葉についてはカップ水色を薄くしたり、酸味が先行してお茶本来の旨みをなくしてしまうといわれます。
 そう考えますと、レモンティーにはアッサム種のほうが良いということになりますね。個人的にはセイロンのディンブラやインドのニルギリなどが良いと思います。

 このようなことを踏まえつつ、ミルクに含まれるカゼインという成分が渋みを抑えたりする効果などを考えたり、他の副材料との相性などを重ねていくと、それなりの方向性は見えてくるのかな・・・と思います。
 それでは後ほどロザージュのデザートを例にあげながら紅茶のお話を進めていきたいと思います。



posted by ティーインストラクター at 09:46| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。