2008年07月15日

グリーンティーをアイスティーで。

緑茶ならではの繊細な香りや甘みに果実や花の彩を添えて
ロザお茶.jpg

 オリジナルフレーバーグリーンティーを提案して数年が経過しましたが、ホテルの客室でも利用していることから、人気が高まっているように感じます。紅茶やウーロン茶が沸騰したてのお湯を使用するのに対して、緑茶は80℃〜90℃で淹れると良いと言われます。この理由は旨み成分の抽出に湯温が関係あると言われています。紅茶、ウーロン茶はタンニン(渋みの成分)を効率よく抽出するために沸騰したての高温の湯を用い、緑茶についてはアミノ酸の旨みを楽しむということから高温で淹れすぎると余分な渋みがでること、そしてアミノ酸自体を壊してしまうことから湯温を下げたものを使用します。ちなみに玉露は50℃くらいといわれますよね。
 このように召し上がるお茶によって抽出時間やお湯の温度が大切なポイントになるわけですが、プレーンな緑茶のもつ旨みや味わいの他に、ハーブや果実香を加えたフレーバーグリーンティーは冷やしたときの清涼感が先行する飲物だと思います。アイスティーと同様に2倍の濃さで淹れて、ロックアイスなどを入れて急激に冷やすことで旨みを封じ込め、味わいと喉越し豊かなアイスティーが作れると思います。私はお酒が大好物なので、このアイスティーをロックグラスに入れてロックアイスを加え、米や麦の焼酎を入れるというレシピとウオッカを入れて飲むのが好きですね。。。お茶は利尿作用もありますし体に良いアルカリ性の飲料なので健康にも良さそうなので。。。この夏はグリーンティー&ウオッカなど、いかがでしょうか?
posted by ティーインストラクター at 15:38| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。