2009年05月11日

凍頂烏龍茶とオレンジ&ミント

CIMG0088.JPG
5年くらい前に提案したブレンドです。
私自身が花粉症で、ちょうど新フレーバーティーのブレンドを考えているときに、スターエイトさん(紅茶のブレンドを依頼している会社)に話をしているうちに、凍頂烏龍茶が効くらしい・・・という話題になり、このお茶を作ることにしました。烏龍茶そのものの価値もあるのですが、ミントとオレンジピールを入れることにより、爽快感とリラックスを付加したいと考えたからです。
今朝、久しぶりにこのブレンドを冷たくして飲みました。
皆様、ご存知のように紅茶、烏龍茶は沸騰したての100℃のお湯を使用します。これは、紅茶、烏龍茶の旨みの主成分であるタンニンとカフェインが80℃以上でないとお湯に溶けださないからです。
アイスティーとして淹れましたので、お湯の分量を半分にして、蒸らした後に氷の入ったグラスで一気に冷やして飲みました。
花粉症は落ち着いたのですが、朝起きると何故かクシャミがでる日があります。本当は毎日継続することが大切なのでしょうけど、嗜好品としてリラックスしたり、気分転換するには良いお茶だとおもいます。

*ちなみに、山のホテルで販売してますので、興味のある方はサロン・ド・テ ロザージュのショップにお越しください。

見頃をむかえた山のホテルのツツジ
かわいいかわいいかわいいかわいい山のホテル「つつじの開花状況」はこちらから・・・かわいいかわいいかわいいかわいい
http://yama-hotel.seesaa.net/
posted by ティーインストラクター at 07:28| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山のホテルのツツジを見ながら、焼酎を。

夕方、営業前に2Fの宴会場の窓越しから庭園を眺めると、夕日に照らされたツツジが綺麗だったので、写真を撮りました。今日は朝から天気がよく、箱根も気温がかなり上がったかんじです。西日が降り注いだ庭園は、ツツジの花とあいまって、何とも不思議な光景を見せてくれます。私はふと思いました。花は何故咲くのかと?
営業が終了し、同僚からもらった焼酎を手に家路に・・・
「天使の誘惑」という芋焼酎をいただきました。
ここからは私の感想です。
アルコール度40℃という、刺すような刺激は無く、香りは柔らかな日本酒を感じさ、幼い頃食べた焼き芋の一番端の部分のチョッピリ苦味のある部分を思い出せる香りがほのかにある感じです。
口に含むと、高濃度アルコールのような唇や舌に感じる強さはなく、マイルドで口当たりがよく、スムーズな切れ味がありました。ロックで飲みましたが、時間の経過で氷が溶け、少し薄まった時は、薩摩芋の香りを添加した冷酒のような錯覚がおきました。ロックグラスに満ちた、至福の一杯・・・時が経つにつれ、酔いが早いことに気付きました。
このようなタイプの酒は、短時間に消費するのではなく、旨いと感じる量と時間を自分でコントロールして楽しむものだというのが、私の結論です。


10.庭園.JPG

10‐1庭園.JPG10‐2庭園.JPG


焼酎.JPG焼酎ラベル.JPGロック.JPG

かわいいかわいいかわいい山のホテル「つつじの開花状況」はこちらから・・・かわいいかわいいかわいい
http://yama-hotel.seesaa.net/

posted by ティーインストラクター at 00:23| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。