2008年07月26日

ロングアイランドアイスティーの話

おはようございます。
朝から蒸し暑いですね。今日はレストランの朝食営業があるので早朝出勤です。かなり汗をかいたので出掛けに、アイスティーを飲みました。体からミネラルが失われている気もするので、蜂蜜とレモン汁を入れたものを飲みます。以前にもふれましたが、これを炭酸やトニックウオーターで割って飲むと良いですよ。
朝からお酒の話をしますが、ロングアイランドアイスティーというカクテル(アルコールドリンク)があります。
山のホテルのカクテルラウンジを担当しているときに何回か作った覚えがありますが、強烈なレシピのカクテルです。
完璧なレシピではありませんが確かこんな感じだったと思います。
ジン、ウオッカ、テキーラ、ラムの他にオレンジキュラソー、コーラ、レモン果汁を入れたロングドリンクだと思います。
紅茶を何も入れていないのに何故かアイスティーのネーミングがついている不思議なドリンクです。
もし、このメニューを勧められたら気をつけたほうが良いと思います。・・・前述のスピリッツはアルコール度が高いものばかりですからレモンやオレンジキュラソーなどで味が柔らかく、飲み口が良いと、速いペースで大量のアルコールを摂取してしまうと思います。
こんなに、アルコールを入れなくてもアールグレイのアイスティーにオレンジキュラソーを15m〜30mくらい入れ、クラッシュアイスとグレナデンシロップ、チェリーリキュールなどを少し加えるだけで美味しいアイスティーカクテルの出来上がりです。
ちなみに、クラッシュアイスの入ったグラスにアールグレイを注ぎ、最後に少量のミントリキュールを浮かせて、ミントの葉を添えると爽やか、ミントティーカクテルの出来上がりです。こんなの如何ですか?
posted by ティーインストラクター at 06:59| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。