2008年07月15日

グリーンティーをアイスティーで。

緑茶ならではの繊細な香りや甘みに果実や花の彩を添えて
ロザお茶.jpg

 オリジナルフレーバーグリーンティーを提案して数年が経過しましたが、ホテルの客室でも利用していることから、人気が高まっているように感じます。紅茶やウーロン茶が沸騰したてのお湯を使用するのに対して、緑茶は80℃〜90℃で淹れると良いと言われます。この理由は旨み成分の抽出に湯温が関係あると言われています。紅茶、ウーロン茶はタンニン(渋みの成分)を効率よく抽出するために沸騰したての高温の湯を用い、緑茶についてはアミノ酸の旨みを楽しむということから高温で淹れすぎると余分な渋みがでること、そしてアミノ酸自体を壊してしまうことから湯温を下げたものを使用します。ちなみに玉露は50℃くらいといわれますよね。
 このように召し上がるお茶によって抽出時間やお湯の温度が大切なポイントになるわけですが、プレーンな緑茶のもつ旨みや味わいの他に、ハーブや果実香を加えたフレーバーグリーンティーは冷やしたときの清涼感が先行する飲物だと思います。アイスティーと同様に2倍の濃さで淹れて、ロックアイスなどを入れて急激に冷やすことで旨みを封じ込め、味わいと喉越し豊かなアイスティーが作れると思います。私はお酒が大好物なので、このアイスティーをロックグラスに入れてロックアイスを加え、米や麦の焼酎を入れるというレシピとウオッカを入れて飲むのが好きですね。。。お茶は利尿作用もありますし体に良いアルカリ性の飲料なので健康にも良さそうなので。。。この夏はグリーンティー&ウオッカなど、いかがでしょうか?
posted by ティーインストラクター at 15:38| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はレストランの勤務です。

200807151037000.jpg
朝食のバターロールとクロワッサンを眺めつつ、昼営業の時間が近づいてきました。山のホテルの洋食堂(ヴェル・ボワ)では、天気が良いとテラスでランチを楽しむことができます。この場所も芦ノ湖の眺望が最高です。天候と座る場所によっては、富士山を一望できます。
200807151243001.jpg200807151243000.jpg
厨房をのぞいてみると、肉の処理やステーキを焼く姿が見受けられましたので、調理場をしばらく見学です。この季節、体力を維持する上でも肉料理を摂取したほうが良いと言われますよね。この間も説明しましたが、赤ワインや紅茶に含まれるタンニン(渋みの成分)には、これらを食した時にさまざまな働きかけをしてくれるので、お酒や紅茶、コーヒーなど・・・嗜好品を上手に活用しながら食事をすることは、美と健康にも影響してくるのでしょう。
posted by ティーインストラクター at 14:19| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロザージュに取材の方がいらしてました。

P1010021.JPG
カメラマンの方が紅茶とデザートの撮影をしています。
天気の良い日は、このようにテラスでスイーツや紅茶を楽しむことができます。今日の取材内容は人気メニューのりんごパイ・アイスクリーム添えだと聞きました。芦ノ湖の景観とデザート、紅茶を撮影するために、アングルを決めている様子です。

まだ、りんごパイの準備が出来ていないようなので、ホテルの宣伝用の写真でリンゴパイをご紹介したいと思います。
リンゴパイ.jpg
約、半分のりんごを使用したパイは、丸くくりぬいたパイ生地の上にブーメラン状にカットしたりんごを積み重ねていきます。オーブンでじっくりと焼き上げたパイは生地のサクサク感と酸味と旨みをあわせもった逸品に仕上がります。テーブルに運ばれると、サービススタッフがフルーツソースで絵を描くようにデコレーションしてくれます。

ストレートティーはもちろん、アップルティーやアイスティー(アールグレイ)など幅広い紅茶メニューと合わせることができます。








posted by ティーインストラクター at 10:23| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。