2008年07月11日

ダージリン/マカイバリ2ndをご紹介

独特な芳香と余韻をお楽しみください。
ダージリン.マカイバリ.JPG
ダージリンマカイバリ 2ndフラッシュ
【原産国 インド】 
ダージリンマカイバリ茶園2ndフラッシュ(夏摘み茶)は、ダージリン紅茶の中でも1年のうちで最も香り、味わいが充実した紅茶です。特にマカイバリ茶園はシュタイナー博士が提唱したバイオダイナミック農法を取り入れた、ダージリンの中でも甘い味わいが特徴の紅茶を産出します。
ブレンドされないピュアで新鮮な味わい、フルーティーな香りをお楽しみいただけます。
良く縒られた茶葉にはチップが多く含まれ、均等に製茶された色調豊かな紅茶です。水色は鮮やかなオレンジ色。口に含んだときの香気に加え、飲み終えた後に残る余韻が非常に心地よいお茶に仕上がっています。
ポット&コジー.JPG
山のホテル オリジナルのティーカップ&ソーサー

良質の茶葉でも淹れ方や、茶器によって紅茶の味わいが微妙に変わります。このたび提案した茶器はゴールデンルールにのっとって紅茶を淹れるのに適した形状と材質を考慮したものです。沸騰したてのお湯をポットに注いだ時に、茶葉がポットの中で対流するには球状で陶器の物が良いとされています。このことを踏まえ、茶葉のもつ旨みを最大限に引き出すことの出来る理想的な形状のポットに山のホテルに咲き誇る“しゃくなげ”の柄をいれたオリジナルティーポットです。
加えて、ティーカップについても触れますが、紅茶の色(水色)を見る上で大切なのは、間口が広く、浅めの物が良いとされています。深いカップの場合は色が濃く見えるため、その紅茶が適正な色に仕上がったかどうか判断が難しいのです。
今回セレクトしたストレートティーの中で最も人気なのがこのダージリン マカイバリ2ndです。是非ご賞味あれ。

箱根・芦の湖畔 小田急山のホテル プレミアムショップ ロザージュの情報はこちら・・・http://www.odakyu-hotel.co.jp/yama-hotel/dish/rosage_renewal.html
        

posted by ティーインストラクター at 15:31| 紅茶のはなし(起源、逸話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通勤の途中で。

丹沢の山並.JPG
おはようございます。自宅から車で少し走ると、右手に丹沢の山並が見えてきました。少し靄のかかった幻想的な雰囲気です。通勤は景観とかを楽しむよりも時間に間に合うことが前提だったので、あらためて、自分が自然豊かな所からさらに自然豊かな国定公園(箱根)に通っていることに気づかされます。途中、国道246から255に抜けると右手に足柄の山々が目に飛び込んできます。その後は高速道路にのります。
小田厚.JPG
平日の早朝はトラックと通勤車輌がほとんどで、スムーズなドライブ。前方の箱根の山を追いながら進んでいきます。小田原厚木道路から箱根新道へはアクセスが良いので、いつもこのコースを利用しています。芦ノ湖・大観のインターで降りて、山道を進むと箱根駅伝のゴール地点の交差点に到着です。
箱根海賊船.JPG
碇泊している箱根海賊船を眺めつつ、遥か前方をみると、朝もやの向こうに湖畔に佇む山のホテルが見えます。天気が良いとクッキリと目にすることが出来ます。このロケーションはお薦めですね。
箱根町から車を走らせること数分でゴールの山のホテルへ到着です。
山のホテル玄関.JPG
少し曇りがちの天候ですが、湖畔からの爽やかな風がむかえてくれる感じです。四季折々の風情をかもしだすこの場所は、先日、湖の眺望が良いホテルとしても選ばれました。朝の澄みきった景観と爽やかな空気はお客様をさらに癒すのだと思います。
それでは、本日の業務に入ります。秦野〜箱根・芦の湖畔のドライブメモでした。





posted by ティーインストラクター at 09:46| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。