2007年02月03日

ダージリンを飲みながら・・・

先日、都内のホテルでお茶を飲んだ時に食べたお菓子です。
ガトー.jpg
私はこの中から、チョコレートのケーキを選びました。仏語で言うと「ムース・オ・ショコラ」・・・って感じでしょうか。
紅茶はダージリンを注文しました。ケーキのサンプルが運ばれ、それぞれ選んでおりますと、スタッフの方がティーカップとストレナーを運んできて、白いティーポット(理想的な形状)からストレナーを介して、お茶が注がれました。
ムース・ショコラ.jpgムース・ショコラ2.jpg
トップにショコラの飾りと木苺(フランボワーズ)が添えてありました。
私、個人的には甘いものは苦手なのですが、他のホテルやお店のお菓子と紅茶には興味もありますので、外に出たときはいただくように心掛けています。ケーキは中心に木苺と木苺のムースを合わせたもの、その周りにチョコレートムース、それをさらにチョコレートでコーティングしてありました。

これは、偶然かはたしてマニュアルなのか?・・・注がれた紅茶の色調はやや濃く、多少パンチの効いた渋みを感じました。ストレートで飲むとすると、やや茶葉の分量か蒸らし時間が多いと言うところですが、このようなお菓子とあわせるならば、適度な濃さと言えるものでした。コッテリとしたムースやコクのあるチョコレートなどにはパンチ(渋みのある)が効いた紅茶がベストです。・・・欲を言えば、ポットサービスで2杯目を飲めたり、その時にミルクを添えたりしてくれると喜ばれると思います。







posted by ティーインストラクター at 14:41| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅茶に含まれるカフェインについて

紅茶とコーヒーのカフェインの含有量は?
紅茶協会の研修に行くまで、カフェインに関してはマイナスのイメージしかもっていなかったんですが、薬理効果の話や効能など・・・色々なお話を伺う中で、含有量に関しても講義をいただきました。現在ではテレビや雑誌などを通してご存知の方も多いとは思いますが、簡単にご紹介します。

まず、乾物状態(コーヒー豆と茶葉)で考えた場合は、紅茶の方が多いそうです。しかしながら、カップ換算(一杯当りの含有量)では、紅茶は使用茶葉が約3g程度。コーヒーは10g〜15gになるので、その際は紅茶を1とするとコーヒーは2倍になるとのことです。

ただし、先ほど申し上げたとおり、カフェインには色々な効果があり、良い部分と悪い部分があったり、人によっては摂取を制限される方も出でくると思います。紅茶を勉強していたころ、カフェインを利用したダイエットの話を聞いたことがありましたが、あくまでも飲むだけでなく適度な運動が伴ったプランだったと記憶しています。




posted by ティーインストラクター at 14:20| 紅茶と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・寿司大レポート

それでは最後まで。。。
はた.jpg
ハタの肝添えです。
鰺.jpg
鯵と薬味を堪能
サトシさん.jpg
職人さん・・・笑顔とトークが、より一層お寿司を美味くします。
ホッキ.jpg京人参.jpgマグロづけ.jpg
ホッキ、お口直しの京人参、マグロのづけ・・・
金目.jpgコハダ.jpgアナゴ.jpg
金目、コハダ、アナゴ・・・身が柔らかでアナゴのツメも美味
巻物.jpg味噌汁.jpg
巻物(赤身とタラコ)とアラの味噌汁をいただいて、上がり・・・
素材によっての楽しみ方、あとは素材の旨みというか甘みを感じました。
いかがでしょう?早起きして築地市場に出かけてみては・・・

posted by ティーインストラクター at 07:51| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。