2007年01月17日

いざ鎌倉!甘味の旅

鶴岡八幡宮&銭洗い弁天・・・参道を歩いていると。
参道の「小町通り」を歩いているとカフェや甘味処、煎餅やら落花生・・・いろいろなお店が軒を並べています。その一角で目にした「ミカドコーヒー」の看板を目にすると私の手には必然的とでも言うように「モカソフト」を握り締めていたのです。手(グー)
ミカドコーヒーモカソフト.jpg
聞くところによると、この店は1948年に日本橋で創業されたらしく、1952年の軽井沢への出店後、たくさんのお客様、著名人にこよなく愛され続けているショップだそうです。
コーヒー豆の販売だけでなく、コーヒーゼリーやモカソフトなどの名物メニューがあるそうです。

鎌倉カフェお茶.jpg
お店でいただいたお菓子をご紹介。
ガトーショコラ、バナナケーキ、抹茶ラテです。

ここで、コメント・・・
紅茶と一緒に召し上がるお菓子を思い浮かべてください。
スコーンとかクッキーとか・・・シンプルなものが多いですよね。
このようなお菓子にはストレートでダージリンやニルギリ、ウバやキーマンなど、さっぱりしていて良いですよね。
ガトーショコラやバナナケーキ、シフォンなど・・・乳製品を繋いだり、併せているお菓子にはストレートも良いのですが、お菓子の味わいが強いので、アッサムやウバのミルクティーが合うと思います。
そう考えると、抹茶ラテもその考え方にピッタリ合った飲み物なのです。
私のお薦めとしては、手鍋で作る「ロイヤルミルクティー」です。
(2杯分の作り方)
@手鍋に水と牛乳を1:1で入れ、強火で沸かします。
A@を沸騰寸前に止め、2杯分の茶葉を入れ、蓋をして蒸らします。
  茶葉を入れるときは事前に茶葉をお湯で浸しておくと旨味がでやすくな
  なります。
B3分間程度蒸らしたら、軽くかき混ぜて出来上がり。

*茶葉を入れるタイミングで生姜をいれたり、シナモン、ナツメグ、コリアンダー・・・いろいろなバリエーションがあります。

*ハチミツをいれたり、メープルシロップを入れても楽しめます。

*注いだ紅茶の上にホイップクリームを渦巻き型にフロートし、シナモンやナツメグのパウダーを振ったり、シナモンスティックで混ぜながら飲むのも良いでしょう。

*出来上がったミルクティーにスコッチウイスキーやブランデーを5ml〜10ml程度入れて召し上がるのも良いでしょう。













posted by ティーインストラクター at 14:21| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。