2007年01月13日

フランス料理に舌鼓を打ち、銀座のワインバーへ

フレンチとワインのコラボレーション
昨日は青山にあるフレンチレストラン「ランベリー」にお邪魔しました。
ご一緒させていただいた知人の、そのまた知人が活きの良い「ラングスティーヌ=手長海老」を届けてくれていたので、シェフがそれを特別に調理してくれるというサプライズつきの食事会でした。地階に作られたレストランはお洒落で落ち着いたアーティスティックな雰囲気で、ガラス越しの席からは調理風景を見ることが出来るレストランです。
まずは、シャンパンで喉を潤し、前菜が運ばれてきました。「蕪のムース」です。2杯目のシャンパンを飲んだ後に、一気に料理を食べてしまいましたので、写真がありません。佇まいもアートですが料理もアートです。長方形に整えられた蕪のピューレ(ムース)の上にトリュフとオレンジゼストをあしらい、周りに細かくカットしたリンゴをバルサミコ酢で味付けした一皿。食前酒に相性の良い、サッパリとした逸品です。
トリュフ.jpg
続いて、薄く焼いた生地(多分ブリーニ)にトリュフやら胡桃やらジャガイモのフリチュール・・・それにこのセロファンのような物(ある野菜から作られています)が添えてある贅沢な逸品・・・久々に味、ボリューム共に最高のトリュフを満喫と言った感じです。添えてあるサワークリームと食すと料理がまた一味違って味わえました。
フォアグラ.jpg
すると、すかさずフォアグラ三昧。テリーヌとポワレ(フライパンで焼いたもの)を重ねたコッテリとした料理です。ここにもトリュフが登場したので、テリーヌとポアレの間にサンドして、樽香のある白ワインで美味礼讃って感じでした。料理の順番は忘れましたが、この後に手長海老やら、甘鯛が表れ、これで・・・と思うとお口直しの登場です。
お口直し.jpg
ロックグラスの中に小さなブランデーグラスを飾ったようなものが登場。
この他に、白いお皿に半透明のシャーベットかグラニテのようなものが運ばれました。・・・これはトマトから作られたお口直し、そしてこのグラスに入っているものは・・・○○油で、混ぜて召し上がって・・・と言われました。なるほど、これは意外と口の中がサッパリとしました。
シュブルイユ.jpg
メインディッシュはシュブルイユ=鹿肉です。濃厚な赤ワインのソースは肉汁の旨味が詰まっていました。レギオールのナイフは切れ味も最高で、肉の断面を見てみると、ブリュと言うのでしょうか、微妙な焼き加減が食欲をそそります。・・・結局、全てたいらげ満腹です。
ブラン・マンジェ.jpg
これで、こってりショコラ系のデザートでも来たらどうしょう?・・・と考えていると、白いお菓子/ブラン・マンジェが運ばれました。シンプルなものこそ本当のこだわりが出るのでしょうか・・・アーモンドの香りと甘味、そして食感の良さ、緩からず硬からず・・・ソースまで全部いただきました。甘菓子と一緒にアールグレイティーをいただき、食事は終了。
シェフ.jpg
最後にシェフからフィナンシェのお土産までいただきました。お料理ももちろん、サービスやソムリエの方も皆様ホスピタリティマインドにも富んだこのお店、ご興味のある方は下記をご覧あれ。
フランス料理 ランベリー
http://www.lembellir.com/
これで終わりかと思ったら大間違い!!
地下鉄に乗り込むと一同、銀座を散策。
和光.jpg
交差点を通過し、ショーウインドーを見るとこれは何だ・・・
シャネル.jpg
この間(クリスマス)とはまるで違う趣、・・・するとその2ブロック先のワインバーのオーナーとご対面。ヴィンテージワインはともかく、コニャック、アルマニャック、シングルモルトなどなど・・・素晴らしい品揃え、商談の間2種類の白ワインと接客の大切さや、販売促進など・・・ユーモア溢れるトークを堪能し、同行したソムリエも多くを学び、ワインの仕入れに関する知識やルートなど・・・ご馳走様でした。
よき料理にはよき酒を・・・よきデザートにはよき紅茶を・・・と言った感じです。
よく、フランスとアメリカの食生活やお酒の話がありますが、やはり決定的な違いは、ワインかビールか・・・と言うところでしょう。赤ワインのポリフェノールが脂を分解し、コレステロールを下げる・・・このような薬理作用が言われますがまさしく、成人病の発生率の差は食事に伴う飲料の成分の差だと言うことです。そうしますと、紅茶に含まれるカテキンも同様の効果がありますので、脂肪分が多い食事の後には少し濃い目に淹れた紅茶を飲むことによって、脂肪分の蓄積を防ぎ、さらに利尿作用によってアルコールを対外に放出することができると言うことなのでしょう。
最近、お茶の効能や薬理作用が話題になったり、肝臓や腎臓を守る食事などをよく見かけます。全てに繋がることですが、日々の繰り返しというか、努力が大切だと思います。体に良い成分を摂取しても、アルコールや脂肪分を加減なしに体に入れていては意味がありませんし、カフェインのダイエットと言って飲んでいるだけでは効果は得られません。持続することと、適した分量や休肝日を設けることによって相乗効果を得ることをお進めします。











posted by ティーインストラクター at 19:14| ティーインストラクター 最近の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。